上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一ヶ月経ってしまいました。
更新はしてなかったけれど本は読んでましたよ。
書くほうはこれっぽっちもできませんでしたけどね。

「スヌスムムリクの恋人」が面白かったので、買ってしまった野島伸司の小説。
ほかの作家もやはりそうですが、この人も独特の世界観を持ってますよね。

内容は、
深夜の漫画喫茶で出会った女性に主人公が恋をする。
女性は過去に恋人を亡くしていたのだった。
という、よくあるもの。
主人公にもトラウマがあり、一転二転とします。
よくある話だけれども、キャラクターらの対話が面白く、途中で中だるみもせず最後まで読めました。
個人的評価は、「スヌスムムリクの恋人」が個人的にツボだっただけに、ちょっと期待しすぎたかな? というところです。

とりあえず漫画喫茶いってきます!
あ、ネカフェでもいいのかな
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。